自作SSTでクランクケース割り

自作SSTでクランクケースを割りました。

自作SST

自作SST

 この方法では、力をかけていくと爪がすべり、センターがズレてSSTが外れてしまいます。
失敗したなと思って、プーリーを見ていたら、ネジがきってある。

自作SSTの取り付け

自作SSTの取り付け

 このように、φ6mmのネジを取り付けてワッシャーの下から持ち上げるように引っ掛けました。センターもズレに無事プーリーが外れました。プーリー下に隠れているボルトを外し、クランクケースを割りました。

クランクケースの内部

クランクケースの内部

詳しい状況を聞いたところ、オイルが無いまま走っていたそうです。
そして、熱により樹脂製のカムが解けたという事です。
カム周辺が劣化したオイルで激しく汚れています。

カムシャフトのブッシュ

カムシャフトのブッシュ

 熱で溶けて捻じ切れたカム。
カムシャフトのブッシュがクランクケースに固着!
重症

削れたカムの山

削れたカムの山

 同様に削れたカムの山

スプリングワッシャーとスラストワッシャー

スプリングワッシャーとスラストワッシャー

 カムシャフトの位置を保持しているスプリングワッシャーが割れています。
さらに、割れた状態で走った為、スラストワッシャーも削れています。

原因と交換部品がわかったので佐藤部品で純正品を注文!
部品総額約3000円。

ついでにDi blasi用のベアリングをベアリングタロウで発注。

NTN 深溝玉軸受 6002 LLU 変速プーリーのベルト軸用
NTN 深溝玉軸受 6003 C3 クランクシャフト用

部品がネットで買えて、すごく便利!

<スポンサーリンク>