ベアリングまで錆びてた!

イタリアの折りたたみバイクのDi Blasiをレストアしています。

クランクから錆び汁がでていたDi Blasiのエンジン
分解整備中です。

Di Blasiのクランクケース

Di Blasiのクランクケース

クランク内には入った雨水により、クランクが錆びていました。
ついでにベアリングも錆びてる。

Di Blasiのクランク

Di Blasiのクランク

ベアリングはTURKIYE 5・・ OR5 6003 C3と刻印
国産の6003 C3で代替できるかな?

ついでにオイルシールが S 0650 TAURUS 27 17 7 と刻印
イマイチ規格がわからない。

<スポンサーリンク>

Commentsこの記事についたコメント

2件のコメント
  • サンバーT より:

    Diblasiのエンジンで検索していてここにたどり着きました。

    もしよろしかったら、教えて頂けないでしょうか

    オイルシールのことなのですが、バリエーター側のオイルシールは、バリエーターをはずせば取替できるのでしょうか?それとも、クランクケースを割らないとダメなのでしょうか

    ご教授頂けると幸いです

    • Craftsman-Aki より:

      ずいぶん昔に分解清掃したのであまり正確に覚えてないのですが、
      クランクケースを割らないでも取れたと思います。
      パーツリストの図は外側から入る感じで描かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください