読書 『これは「効く!」Web文章作成&編集術逆引きハンドブック』を読んで

ブログを書くにあたり、読者や訪問する方に適切な情報を発信するために必要な知識を得る目的でこの本を読みました。

知識編 Web文章作成・編集のための基礎知識
Webコンテンツの特性・コンテンツ作りの手段と品質などが載っています。なるほどと思うことも多く、興味深い内容でした。

実践編1 穴のないサイト構成づくりのためのヒント
サイトの構成についてカテゴリとページの分け方やわかりやすいサイトをつくる為の情報の整理方法が載っています

実践編2 悩まずに書くためのテクニック
説明・表現・言い換えの言葉・文字数稼ぎのテクニックが載っています。

実践編3 読みやすく、わかりやすく編集するためのテクニック
論理的に見せ、内容に一貫性を持たせ、リズム感のある文相にするテクニックが載ってます。

実践編4 きっちり正確に校正するためのテクニック
構成するときの基本事項や誤字・脱字を見つけるためのテクニックが載っています。
なるほどと思う簡単なソフトを使った校正の方法も載っていました。

実践編5 迷わず無駄のない作業分担のヒント
企業サイトなどをチームで作成するときに注意したいことなどが載っています。依頼者への確認事項や作業内容・原稿依頼の方法が載っています。無駄な書き直しを防ぐ方法やテキスト・図版の効率の良い管理方法も参考になります。

応用編1 魅力と説得力をアップするための表現術
おもにページの見出しやタイトル、文面の印象、読者との距離の縮め方、サイトの安心感や信頼感の高め方などが載っています。文面や情報によって印象が変わり、サイトの信頼性に大きな影響を与えるという事が判りました。

応用編2 集客力を向上させるためのテクニック
検索されやすくする方法やユーザーの滞留を増やす方法、問い合わせの増やし方、有効な問い合わせを増やすテクニックなど、サイト管理する上で有効で役立つテクニックが多かったです。

応用編3 サイト運営に関する悩みの解決法
いわゆる炎上してしまった場合の対処方法や掲示板の不適切投稿の管理、古いコンテンツの取り扱いなどが載っています。
炎上してしまった際の対応方法はすべての企業やブログ編集者に必要な技術だという事がわかりました。

応用編4 コンテンツのジャンル別編集テクニック
企業サイトオンラインショッピング、メルマガ、ビジネスブログなどWebコンテンツの種類別の編集テクニックが載っています。

資料編 用字・用語基準/技術知識/ツールと情報源
付録的な資料が載っていますが、どれも役立ち情報でした。

欲を言えば、最近問題になっている悪質キュレーションメディア等の著作権問題についても触れてほしかったです。

この本を読んで一通りのWebコンテンツのつくり方がわかりました。個人でブログを作成する方だけではなく、仕事としてWebコンテンツを作成する方にもお勧めです。

<スポンサーリンク>