車中泊の工夫 パート 1

水蒸気の発生源と結露

 冬の車中泊で白米を炊くと車内の結露がひどい。
炊飯>スパゲティー>袋のラーメン>湯茶の順で水蒸気が多く出る。
かといって、窓大きく開けて換気しながら調理すると水蒸気で車外に白煙あがるので、近隣の人々に心配と迷惑を掛けてしまう。
対策として窓を大きく開けて換気できるところ意外はスパゲティーは作らないことにした。また、白米は自宅で炊飯してから、乾燥機で糒(アルファー化米)にして持参した。

乾燥野菜

乾燥野菜

アルファー化米

アルファー化米

糒を70gと湯140gでちょう どよい白米が出来上がる。あったかい白米が食べたかったので、スープ用の断熱容器400ccに糒と湯を入れて調理した。断熱容器は便利で朝食時に昼の白米を作れば暖かくちょうどよい硬さのご飯が出来る。また、茹でたキャベツ・にんじん・ジャガイモ・たまねぎを乾燥機で干物にして持っていった。この乾燥野菜を断熱容器に入れ味噌と湯を入れておけば3時間程度で歯応えのよい味噌汁が出来る。朝食が袋ラーメンだった時は残り汁と糒でオジヤを作った。乾燥野菜と糒を作ったことで水蒸気の発生の原因となる煮る作業を減らすことが出来た。

<スポンサーリンク>